みからぼ。

Akira Tsumuraのエンジニア徒然。 ネットワークインフラからBSD/Linuxマデ。

junos

津村@明日は給料日です。
「明日は給料日」というと、どうしても『あずまんが大王』を思い出す自分がいます。はい。
誰か癒やしをください。(猫とかうさぎとか…)

運悪くBACKUP IMAGEで起動してしまったJUNOS BOXを直す方法。

スイッチにCLIでログインした際、運が悪いと以下の表示がなされる場合があります。

2015-02-12-00-01

WARNING: THIS DEVICE HAS BOOTED FROM THE BACKUP JUNOS IMAGE
It is possible that the primary copy of JUNOS failed to boot up properly, and so this device has booted from the backup copy.
Please re-install JUNOS to recover the primary copy in case it has been corrupted.

これは、JUNOS(という名の名状しがたきFreeBSD)プライマリパーティーションが壊れてしまい、バックアップ(alternate)パーティーションより起動した際に表示されます。

一般的にネットワーク機器のOSは組み込みOSの一種に近く、シャットダウン処理をしなくてもいきなり電源を切る事ができますが、JUNOSはFreeBSDがベースのOSであり、通常のPCやLinuxマシンと同じく、シャットダウン処理が必要です。
まぁ、あれです。きちんとしたOSが入ったネットワークアプライアンスだと思ってください。
(そう言うとIOSとか組み込みLinuxとかどうよ、という話もありますが、それはそれで。)

【運悪くBACKUP IMAGEで起動してしまったJUNOS BOXを直す方法。】の続きを読む

クラウド雑技団物理担当の津村です。
SRXシリーズを構築して早n台目、junos界ではVLANのインターフェース権が上がっていてなんでも構成できるので、これはこれで好きなプロダクトです。
あと、中身がFreeBSDというのも良いですよね!!!

【Juniper SRX100でポートをL2冗長(LACP)する】の続きを読む

このページのトップヘ