Office2016をプロダクトキーからアクティベーションする方法

例えばOffice365を買った場合、Microsoftアカウントへ事前にライセンスが付与されます。
しかし一方で、従来通りプロダクトキーによるアクティベーションも可能であり、例えばMSDNサブスクリプション等が該当します。

というわけで、アクティベーション方法まとめです。
全体として、Office.comへのライセンスの登録と、Word等からのアクティベーションの2段階となります。
今回はOffice2016 for Macをアクティベーションしました。

Office.comへプロダクトキーを登録する

2015-11-00

▲まず、office.comにアクセスします。

2015-11-01

▲Microsoftアカウントでサインインします。

2015-11-02

▲サインインが完了し、自分の名前が含まれるウェルカムページが表示されます。

2015-11-03

▲画面右受けの氏名のリンクより「マイアカウント」を選択します。

2015-11-04


▲Office製品が購入されていない旨が表示されるので「Officeを今すぐアクティブ化します」リンクをクリックします。

2015-11-05

▲製品のプロダクトキーを入力し、「はじめに」ボタンをクリックします。

2015-11-06

▲国・地域、言語を選択して、続行します。

2015-11-07

▲以上でOffice製品のアクティベーションが完了しました。

オフィスにMicrosoftアカウントを紐付ける

Office2016以降では、Microsoftアカウントに対しライセンスが発行され、Office製品はMicrosoftアカウントに紐付けて使用する事となります。

2015-11-08
▲Word2016を開いた時のウィザードです。左下の「ライセンス認証」をクリックします。 

2015-11-09
▲Microsoftアカウントと紐付けるので、下の方の「サインイン」リンクをクリックします。 

2015-11-10
▲フェデレーションログイン等の関係で、一度Microsoftアカウントを入力し、次へ、をクリックします。 

2015-11-11
▲Microsoftアカウントでのログイン画面が表示されるので、Microsoftアカウント・パスワードを入力しサインインします。

2015-11-12

▲しばらく作業があり、Officeのテーマ選択の画面となります。おこのみで。 

2015-11-13
▲この画面になれば完了です、お疲れ様でした。