KUSANAGI for AWSでは、AWSの仕様上、標準で30GBの仮想ディスクが提供され、以下の画像のように30GB以上のEBSを作成した場合は拡張作業を行う必要があります。
このエントリでは、KUSANAGI for AWSにおける、ルートディスクの拡張方法についてご紹介します。

20160603_00
 
 # df -h
Filesystem               Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/centos-root   29G  2.2G   27G   8% /

■前提条件

・root権限での操作が可能なこと
・再起動が1度可能なこと(オンラインでの増量も可能)

以下の環境を想定して記述しています。容量やコマンドは適宜読み替えてください。
・KUSANAGI for AWS 7.8.2
・EBS 100GBにて作成

必要に応じて、スナップショット作成によるバックアップの作成をお勧めします。

■拡張されたディスクにパーティーションを作成する

EBSの30GBより後ろは空の状態で提供されているので、ユーザによりパーティーションを別途作成して使用する事になります。
まずはここにLinux LVM形式のパーティーションを作成します。
# fdisk /dev/xvda
Welcome to fdisk (util-linux 2.23.2).

Command (m for help): p

Disk /dev/xvda: 107.4 GB, 107374182400 bytes, 209715200 sector ←100GBのEBSが認識されている
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk label type: dos
Disk identifier: 0x0006a1f5

    Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/xvda1   *        2048     1026047      512000   83  Linux
/dev/xvda2         1026048    60817407    29895680   8e  Linux LVM

Command (m for help): n ←新規パーティーションを作成
Partition type:
   p   primary (2 primary, 0 extended, 2 free)
   e   extended
Select (default p): p ←プライマリパーティーションを作成
Partition number (3,4, default 3): 3 ←3番目のパーティーションを作成
First sector (60817408-209715199, default 60817408): ←エンターキーを押下
Using default value 60817408
Last sector, +sectors or +size{K,M,G} (60817408-209715199, default 209715199): ←エンターキーを押下
Using default value 209715199
Partition 3 of type Linux and of size 71 GiB is set ←残容量である70GBのパーティーションが作成される

Command (m for help): t ←パーティーションのタイプを変更する
Hex code (type L to list all codes): 8e ←Linux LVMを意味する'8e'を押下する
Changed type of partition 'Linux' to 'Linux LVM'

Command (m for help): w ←書き込みを行う
The partition table has been altered!

Calling ioctl() to re-read partition table.

WARNING: Re-reading the partition table failed with error 16: Device or resource busy.
The kernel still uses the old table. The new table will be used at
the next reboot or after you run partprobe(8) or kpartx(8)
Syncing disks.
次に、新しいパーティーションを認識させる為、partprobeコマンドを実行するか、再起動を行います。
ここではpartprobeコマンドにより/dev/xvda3を認識させます。
# partprobe

以下のように、新しいパーティーション「/dev/xvda3」が認識されれば問題ありません。
# ls -lah /dev/xvda*
brw-rw---- 1 root disk 252, 2 May 10 02:43 /dev/xvda3

■ルートボリュームにパーティーションを追加して、ディスクを拡張する

LVMを操作し、ルートボリュームに容量を追加します。
以下の通りに操作を行います。
# pvcreate /dev/xvda3
  Physical volume "/dev/xvda3" successfully created

# vgextend centos /dev/xvda3
  Volume group "centos" successfully extended

# lvextend -l +100%FREE /dev/centos/root
  Size of logical volume centos/root changed from 28.51 GiB (7298 extents) to 99.50 GiB (25473 extents).
  Logical volume root successfully resized.

# xfs_growfs / 
meta-data=/dev/mapper/centos-root isize=256    agcount=4, agsize=1868288 blks
         =                       sectsz=512   attr=2, projid32bit=1
         =                       crc=0        finobt=0
data     =                       bsize=4096   blocks=7473152, imaxpct=25
         =                       sunit=0      swidth=0 blks
naming   =version 2              bsize=4096   ascii-ci=0 ftype=0
log      =internal               bsize=4096   blocks=3649, version=2
         =                       sectsz=512   sunit=0 blks, lazy-count=1
realtime =none                   extsz=4096   blocks=0, rtextents=0
data blocks changed from 7473152 to 26084352

さいごに、dfを実行し、容量が増えて使えるようになっている事を確認します

# df -h
Filesystem               Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/centos-root  100G  2.2G   98G   3% / 

■おわりに

ディスク操作を伴うので、本番サイトでいきなり実行するにはリスキーな作業となります。
一度リハーサルを行うか、バックアップを取得した上で作業を行うことを推奨します。
 

■お詫び(2016/06/04)

当初、手順に「# xfs_growfs /dev/mapper/scentos-root」と記載しておりましたが、
「# xfs_growfs /」の間違いでした。失礼しました。